番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

馬毛島の訓練移転計画めぐり 中立の市議が賛成表明し請願書は採択される可能性 鹿児島・西之表市議会

2021年6月9日18:55

アメリカ軍の訓練移転候補地の馬毛島を巡る動きです。9日開かれた鹿児島県の西之表市議会でこれまで計画に中立の立場をとっていた市議が賛成を表明しました。これで西之表市議会では賛成派と反対派の市議の数が同数になりました。

西之表市議会 濱島明人議員
「今まで基地建設中立の考えを示した私を支持してくださった方々には大変申し訳なく思う。賛成を表明したが市民の声、要望は防衛省に伝えていく」

これは9日の西之表市議会一般質問で濱島明人議員が表明したものです。

濱島議員はこれまで馬毛島を巡る防衛省の訓練移転計画に中立の立場をとっていました。

しかし、5月行われたデモフライトでの騒音が大きくなかったことや、財政を交付金に頼るべきとの考えから9日賛成の立場を表明したということです。

これにより西之表市議会では計画の賛成派、反対派ともに7人づつとなります。

6月21日に開かれる馬毛島対策特別委員会には反対派の議長を除く13人が参加しています。

委員会では市の商工会から出された自衛隊官舎の設置を要望する請願書が審査される予定で賛成派が7人、反対派が6人となるため採択される可能性があります。

過去の記事