番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

「見えない相手」への応対技術競う 電話応対コンクール鹿児島県大会

2021年9月25日12:03

県内企業の電話応対の技術を競うコンクールが鹿児島市で開かれました。

このコンクールは、電話応対のサービスや顧客満足度の向上を目的に毎年行われているもので、今年は県内12の事業所などから29人が出場しました。

出場者は、ハウスクリーニング会社の営業担当という想定で、サービス内容を正確に伝えるだけでなく、客の満足度が高まるように話すスピードや間の取り方に気を配りながら応対していました。

出場者は「練習の成果を発揮できた。電話の相手の顔が見えないので、明るく会話をすることを心掛けた」と話していました。

コンクールの優勝者は、県代表として11月にオンラインで行われる全国大会に出場します。

過去の記事