番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

鹿児島・出水平野 ツル渡来地「ラムサール条約」登録へ

2021年10月6日12:15

環境省の中央環境審議会は、鹿児島県出水市のツルの渡来地について、国際的に重要な湿地を保全する「ラムサール条約」への登録を近く申請し、11月には認められる見通しであることを明らかにしました。

「ラムサール条約」は、国際的に重要な水鳥の生息地などを保護するための条約で、県内では、屋久島町の永田浜や薩摩川内市の藺牟田池が登録されています。

出水市によりますとツル渡来地を含む出水平野の478haの登録が予定されていて、このエリアでは国による鳥獣保護区の指定や開発行為の制限など、これまで条約登録に向けた環境整備が行われてきました。

環境省の中央環境審議会は近く登録申請を行い、11月には登録される見通しです。

過去の記事