番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

鹿児島県人事委員会が知事に勧告 県職員ボーナス0.15カ月分引き下げへ

2021年10月7日19:05

鹿児島県人事委員会は、県職員のボーナスについて年間で0.15カ月分引き下げるよう、塩田知事に勧告しました。県職員のボーナスの引き下げは2年連続です。

県人事委員会は7日、県職員の給与について月給は据え置き、年間のボーナスについては、0.15カ月分引き下げた4.3カ月分とするよう塩田知事に勧告しました。

改定は12月1日に実施し、県職員の平均年収は、約5万4000円減少する見通しです。

県内の従業員50人以上の民間企業121社と県職員の月給とボーナスを比較した結果で、月給の据え置き、ボーナスの引き下げはともに2年連続です。

県当局が職員団体と協議した上で、12月定例県議会に給与改定の条例議案を提案する予定です。

過去の記事