番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

出水市5棟全焼の火災 死亡は仏具店経営の男性と判明

2021年10月10日18:26

9日未明、出水市で住宅や店舗など5棟が全焼した火事で焼け跡から見つかった1人の遺体の身元は、全焼した仏具店を経営する65歳の男性であることが分かりました。

この火事は、9日、午前3時50分ごろ出水市本町で木村フクミさん(90)の木造2階建ての住宅や隣接する鉄筋3階建ての店舗など5棟が全焼し、焼け跡から1人が遺体で見つかったものです。

この遺体の身元について警察は、10日、木村さんと同居する息子で、仏具店を経営する木村正友さん(65)と発表しました。

正友さんの遺体は住宅と店舗の敷地内から見つかっていて、正友さんは出火当時、全焼した店舗にいたとみられています。

警察は11日も実況見分を行い、火事の原因や火元について調べることにしています。

過去の記事