番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

友人同士の男3人を放火の疑いで逮捕 鹿児島・姶良市

2021年10月13日19:30

2019年9月、鹿児島県姶良市の自宅に放火し合わせて5棟を焼いた疑いで、男3人が逮捕されました。3人は友人同士で警察が詳しい動機を調べています。

非現住建造物等放火の疑いで逮捕されたのは、姶良市永池町の無職、打越雪男容疑者(68)、霧島市牧園町の無職、吉村広幸容疑者(66)、湧水町の無職、大迫和広容疑者(52)です。

警察によりますと、3人は共謀の上2019年9月17日の午前1時半ごろ、当時打越容疑者が1人で住んでいた姶良市蒲生町の住宅に放火し全焼させたほか、隣接する空き家や店舗など4棟を焼いた疑いが持たれています。

この火事によるけが人はいませんでした。

出火当時、打越容疑者は「寝たばこで火事になった」と自ら119番通報をしていました。

3人は友人同士で、警察による聞き込みや防犯カメラの捜査などから犯行から約2年たった13日、逮捕に至ったということです。

3人は「間違いない」と容疑を認めているということです。

詳しい動機や経緯について警察が調べを進めています。

過去の記事