番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

鹿児島県内の多くの公立小中学校 11日から新学期がスタート

2022年1月11日11:58

鹿児島県内の多くの公立の小中学校では11日から新学期がスタートし始業式が行われました。

このうち鹿児島市の谷山小学校では雨の降る中、冬休みを終えた約960人の児童が元気よく登校しました。

始業式は新型コロナの感染対策で校長室と教室をリモートで行われました。

児童を代表して6年生の久保咲也香さんが3学期の目標を発表しました。

児童代表 久保 咲也香さん(6年)「3学期では、結果はどうであれ、決めた事は全力で取り組むことを心がけたい」

そして伊地知裕校長が「今年はとら年なので夢や希望に向かって“トライ”する年にしてください」と呼びかけました。

このあと6年1組の教室では児童らが冬休みの思い出や残り少なくなった小学校生活への思いなどを発表しました。

6年生
「友達と関係性を深めながら卒業へ向けて頑張りたい」
「(卒業式まで)51日という期間で学校へ来ないといけないので、下の学年の子たちの見本になるような3学期を過ごしたい」

過去の記事