番組表
ON AIR

快挙にうれしさが

先日、2014年に種子島から打ち上げられた
探査機はやぶさ2が、小惑星リュウグウへの
着陸に成功しました。

これは飛び立つ前のはやぶさ2です。
 
到着に片道4年。
取材していて、
タッチダウンは3億キロ以上離れた地球から
繊細な制御が求められる難度の高いものと聞くだけで、
関係者のみなさんの大変さが伝わってきます。
 
最初のタッチダウンは無事成功で、
今度はメインとも言えるクレーター作成の
ミッションに挑みます。

中央のこの部分から
爆薬を放つチャンスは一度きりのミッション。
しかも、はやぶさ2も破片で傷つかないよう
待避する必要があるというなんとも壮大なスケジュール。
早ければ来月にも実施予定とのことで、
こちらも分かり次第詳細を
ニュースでもお伝えしたいと思います。
 
取材当時は戻ってくる2020年が
まだ先のような気がしましたが、
もう来年なんですね。(早い・・・)