番組表
ON AIR

弟のドリル

6年前(!)にゴルフをした時の 弟との写真

離れて暮らしている弟から
「おうち時間に掃除をしていたら見つけた」と、
弟が10歳の時にやっていた
国語ドリルの画像が送られてきました!
 

「けしかける」という言葉を使って
当時弟が考えた例文がこちら。

「さっちゃんに、ままにおこられるような事をけしかけた」

(「さっちゃん」は私のことです。)

いたずら好きだった弟の幼少期を思い出します…
ただ、姉も、悪のりするタイプでした。

続いて
「まれに見る」という言葉を使った例文がこちら。

「さっちゃんはまれに見る ずぼら少女だ」

・・・・・。

今でも決して几帳面とはいえない私ですが、
さすがに姉をばかにしすぎではないでしょうか…

隣にある「例を見ない」の台風についての例文と
あまりにもテイストが違って
子供の表現って面白いなあと思いました。



これを真面目に書いていたであろう
10歳の弟の姿を想像すると
思わず笑ってしまいます。

なかなか家族に会えない状況が続いて
寂しい気持ちもありますが、
それを察して弟は送ってくれたのかもしれません。

わが弟ながら、かわいらしい解答に気持ちが和らぎました☺