番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

鹿児島・さつま町の国道で高齢女性が負傷 会社員の男をひき逃げなどの疑いで逮捕

2022年5月10日11:49

5月3日、鹿児島県さつま町の国道を歩いていた高齢の女性を車ではねてけがをさせた上、現場から逃走した疑いで9日夜、27歳の男が逮捕されました。

過失運転致傷とひき逃げの疑いで逮捕されたのは姶良市西宮島町の会社員、徳永浩太容疑者(27)です。

警察によりますと徳永容疑者は5月3日午後7時半ごろ、さつま町求名の国道267号線で軽自動車を運転し、右側から歩いて横断してきた87歳の女性をはねてけがをさせた上、その場から立ち去ったひき逃げの疑いがもたれています。

女性はろっ骨を折るけがなどをしたものの、命に別条はありませんでした。

9日、さつま町の職場に出勤した徳永容疑者の車の左前方部分が破損しているのを同僚が不審に思い警察に出頭を促したもので、現場に落ちていた車の破片が徳永容疑者の車のものと一致したことなどから逮捕に至りました。

徳永容疑者は「何か硬いものにぶつかったが止まらずに立ち去った」と話しているということで、警察が詳しい経緯を調べています。

過去の記事