番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

【馬毛島】西之表市長 しゅんせつ工事巡り議会に説明 基地建設については「無関係」と回答 鹿児島

2022年5月12日18:40

鹿児島県西之表市の八板俊輔市長は12日、市議会の馬毛島対策特別委員会に出席し、2022年3月、葉山港の海底土砂を取り除くしゅんせつ工事に同意したことについて初めて議会に説明しました。

西之表市 八板俊輔市長
「漁港管理者としての判断をした。(2+2に整備地として明記された)1月7日とリンクしてということではない。」

12日の西之表市議会馬毛島対策特別委員会では、2022年3月に西之表市が同意した馬毛島の葉山港のしゅんせつ工事を巡り、質疑が交わされました。

議員からは、これまで議会に説明がなかったことへの疑問や、市が基地建設も容認したのかを問う質問が寄せられました。

これに対して八板市長は、議会への説明が遅れたのは協議書の内容の確認に一定の時間を要したためとした上で、今回の判断はあくまで港湾管理者の立場としてのもので、基地建設とは無関係と答えました。

西之表市 八板俊輔 市長
「基地の整備そのものとは関係ないところで(しゅんせつ工事同意について)判断した。」

西之表市議会 長野広美 議員
「(工事の)施行者は防衛省であることからも、基地問題と切り離すというのは、
実質的には今回の説明についてはまだまだ説明不足だと思った。」

馬毛島の葉山港のしゅんせつ工事を巡っては種子島漁協は来月下旬までに組合員の意見を聞き、工事に対する見解をまとめるとしています。

過去の記事