番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

雨降り続く鹿児島県内 土砂災害にも警戒を

2022年5月13日12:09

梅雨前線の影響で鹿児島県内では雨が降り続いていて、九州南部では13日夜遅く、十島村では14日明け方にかけて土砂災害に警戒が必要です。

九州南部に停滞する梅雨前線などの影響で、県内では大気の状態が非常に不安定になっています。

9日の降り始めからの雨量は屋久島町小瀬田で121.5ミリ、屋久島町尾之間で115.5ミリを観測しました。

薩摩、大隅、種子島・屋久島地方では13日夜のはじめ頃にかけて局地的に雷を伴った激しい雨が降り、特に夕方にかけて非常に激しく降りそうです。

奄美地方では13日夜遅くにかけて非常に激しい雨が降るおそれがあり、各地で土砂災害に警戒が必要です。

13日予想される1時間雨量はいずれも多いところで薩摩50ミリ、大隅50ミリ、種子・屋久50ミリ、奄美北部・南部が40ミリ、十島村が50ミリとなっています。

河川の増水や低い土地の浸水などに注意するとともに、歩道近くの側溝から水があふれたり、鉄道の下など周辺より低くなっている道路では冠水の恐れもあります。

車で通行する際は十分注意してください。

過去の記事