番組表
ON AIR
  • 3:47オープニング
  • 3:55テレビショッピング
  • 4:25ディノスTHEストア
  • 4:55テレビショッピング
  • 5:25めざましテレビ
  • 8:00めざまし8
  • 9:50ノンストップ!
  • 11:20ぽよチャンネル
  • 11:25ニッポン全国!ジモトPR隊
  • 11:30FNN Live News days
  • 11:50ぽかぽか
  • 13:50かごnew
  • 14:20テレビショッピング
  • 14:50KTSドラマスペシャル
  • 15:45Live News イット!第1部
  • 18:09KTSライブニュース
  • 19:00ネプリーグ
  • 20:00呼び出し先生タナカ
  • 21:00君が心をくれたから
  • 21:54KTSニュース
  • 22:00春になったら
  • 22:54匠の蔵 History of Meister
  • 23:00何か“オモシロいコト”ないの?
  • 23:40FNN Live News α
  • 24:25土曜は!笑いの生祭典コラボSP「R−1グランプリ」×「ENGEIグランドスラム」
  • 24:35イタズラジャーニー
  • 25:05ぽよチャンネル
  • 25:10ヒコロヒーと納言幸が街ゆく女子と飲み食いする街ブラ『リアルな東京女子ファイル』
  • 25:40テレビショッピング
  • 26:10金バク!
  • 27:10天気予報
  • 27:11ぽよチャンネル
  • 27:14クロージング

ニュース・スポーツ

屋久島 世界自然遺産登録から30年 登山道の安全管理を担うアクティブレンジャーが活躍

2024年2月8日(木) 13:00

KTSライブニュースでは、世界自然遺産登録30年を迎えた鹿児島県・屋久島の今を伝えるシリーズをお伝えしています。今回は、多くの観光客が訪れる屋久島の山に入り、登山道の安全確認や川の水質調査を行う「アクティブレンジャー」の女性に新井気象予報士が密着しました。

「どんだけ食べても太らなくなりました。健康的ですね。早寝早起きで山に登って」

こう語るのは、中本合海(なかもとあいみ)さん(24)。9人が働く、環境省の屋久島自然保護官事務所に所属するアクティブレンジャーです。

主な業務は屋久島の登山道のパトロールや調査、清掃などのフィールドワークです。

九州最高峰の標高1936メートルの宮之浦岳に至る登山道で行う作業に同行しました。

登山口からすぐの所に、見慣れない機械が設置されていました。

中本合海さん
「登山者カウンターです。センサーで(山を)下ってりてきた人と、登る人をカウントできるようになっています」

月に1回、データが記録されているカードとバッテリーを交換します。

最新のデータでは2022年、1年間に宮之浦岳方面に約9000人が入山しています。

中本合海さん
「(登山者の)皆さんのマナーが良いのと、ガイドさんが拾ってくれるので(ゴミ)はあまりないです。それより(道しるべの)ピンクテープが落ちていること結構あったりするので回収してまた付け直したりしています」

兵庫・姫路市出身の中本さんが屋久島に来たのは2022年の4月です。その前は長崎県の対馬でアクティブレンジャーをしていました。

中本合海さん
「自然がもともとすごく好きで、自然の中でできるお仕事って何があるかなぁ? と調べた時、ガイドなどのほかに『アクティブレンジャー』という気になるワードが出てきて。データを集めたり、山とか自然の中で仕事ができるところがすごく魅力で、ぜひアクティブレンジャーになりたいと思って」

登山道が崩れている場所がありました。2023年8月に接近した台風6号の影響で、土砂が流れたとみられます。

中本合海さん
「台風のあとは必ず直轄の登山道、主要な登山道をパトロールに行って、倒木とか崩れた所がないか点検しています」

中本さん。何かを見つけたようです。
「お花が咲いている、写真撮ろう!」

デジタルカメラで接写した写真を見せてもらいました。

中本合海さん
「こういう季節にこうい花が咲いている、という情報も集めています」

このように、登山者に説明するための情報も集めながら進みます。

新井気象予報士
「山道として楽しいですよね、起伏に富んでいて」

中本合海さん
「そうですね、場所場所で、すごく変化もあるし」

スタートしてから約1時間半。登山者が宿泊や休憩に使う山小屋に着きました。

ここには「登山トイレ」が設置されています。通常のくみ取り式のブースが1つ、便座だけが設置され登山客が自分でし尿を持ち帰る「携帯トイレ」のブースが2つあります。

登山道のトイレは維持管理のコストが課題です。

中本さんは、観光客には携帯トイレの使用を勧めています。

そして中本さん、近くの小川でなぜか裸足で中に入っていきました。「冷たい!ほんまにヤバい!」と思わず声が出ます。水の中は足が痛くなるほどの冷たさです。

この時の気温は11℃。わざわざ冷たい川の中を進むのは理由がありました。トイレ周辺の水質を調査するためです。

中本合海さん
「(川の水を)持って帰って分析してくれるところに送りたいと思います」

屋久島では、登山者が湧き水を飲み水として利用することが多いため、水質調査は重要な仕事です。

危険な場所には複数で行きますが、時には1人で厳しい環境の中で、中本さんは業務をこなしています。

屋久島自然保護官事務所・竹中康進 国立公園保護管理企画官
「真面目にしてくれていますし、自然も好きですし、自分で考えていろいろ行動できるアクティブレンジャーかなと思う」

屋久島自然保護官事務所アクティブレンジャー・中本合海さん
「山を登っていて(登山者と)話している中で、『お仕事で来たんですか』と聞かれて、『巡視です』とか『トイレの管理に来ました』と言うと、『いつもありがとうございます』と声をかけていただけるので、その時に疲れが吹っ飛びます。皆さんもしんどいはずなのに笑顔で『ありがとうございます』と感謝していただける。そういうところがやっていて楽しいし、やりがいを感じますね」

アクティブレンジャーは一般にはあまり知られていないかもしれません。しかし中本さんのように大事な自然を管理してくれるアクティブレンジャーがいることが、屋久島を訪れた人が安心して世界自然遺産の魅力を満喫できる理由の一つではないでしょうか。

過去の記事