番組表
ON AIR
  • 3:47オープニング
  • 3:55テレビショッピング
  • 4:25ディノスTHEストア
  • 4:55テレビショッピング
  • 5:25めざましテレビ
  • 8:00めざまし8
  • 9:50ノンストップ!
  • 11:20ぽよチャンネル
  • 11:25ニッポン全国!ジモトPR隊
  • 11:30FNN Live News days
  • 11:50ぽかぽか
  • 13:50かごnew
  • 14:20テレビショッピング
  • 14:50KTSドラマスペシャル
  • 15:45Live News イット!第1部
  • 18:09KTSライブニュース
  • 19:00ネプリーグ
  • 20:00呼び出し先生タナカ
  • 21:00君が心をくれたから
  • 21:54KTSニュース
  • 22:00春になったら
  • 22:54匠の蔵 History of Meister
  • 23:00何か“オモシロいコト”ないの?
  • 23:40FNN Live News α
  • 24:25土曜は!笑いの生祭典コラボSP「R−1グランプリ」×「ENGEIグランドスラム」
  • 24:35イタズラジャーニー
  • 25:05ぽよチャンネル
  • 25:10ヒコロヒーと納言幸が街ゆく女子と飲み食いする街ブラ『リアルな東京女子ファイル』
  • 25:40テレビショッピング
  • 26:10金バク!
  • 27:10天気予報
  • 27:11ぽよチャンネル
  • 27:14クロージング

ニュース・スポーツ

2024年度 鹿児島県・注目の新規事業はこれだ! 当初予算案をひもとく

2024年2月9日(金) 18:32

鹿児島県の2024年度当初予算案が9日発表されました。

KTSライブニュースでは、大きく2つの柱に注目しました。

1つ目の柱は、「子ども政策局」を新たに設置するなど、大きな動きがあった子育てに関する施策です。

まず「子ども医療費」。実施には1年半程度かかる見通しですが、全世帯での未就学児の医療費の窓口負担ゼロを目指して、関係者会議やシステムの改修などの移行にかかる費用として700万円を計上しています。

また、地域の実情に応じた子育て支援を後押しするため、病児保育、産後支援など市町村が新たに取り組む事業への補助を行う取り組みに、9000万円を計上しています。

続いて保育士・保育所の支援事業です。県内に2万人いるとされる「潜在保育士」の掘り起こしを図るため、保育士の人材バンク登録費用などに1500万円を計上しています。

さらにこの「保育士バンク」を市町村と共有した上で、市町村の保育士確保に向けた新たな事業の支援に7500万円を充てています。

また、県内に200近くある「子ども食堂」の食材の受け入れ、保管や配送の拠点を整備する費用として2200万円を計上しています。

もうひとつ注目したい柱が「稼ぐ力」の向上です。2022年度から継続する事業も多い中、コロナ禍からの経済の回復を確かなものにしていくため、引き続き、重点的に取り組む姿勢を打ち出しています。

注目の新たな事業として、まず「推し旅」誘客促進事業に1600万円が計上されています。

鹿児島にゆかりのあるアニメ、映画、ドラマなど「推し」のスポットを幅広く募集し、個人旅行客をターゲットにした「推し旅マップ」の作成などにつなげるということで、いわゆる「推し活」を旅につなげる今どきの事業といえそうです。

また、3月にチャーター便の運航が予定されているベトナムとの定期便就航を目指して、現地の航空会社への支援などに3400万円を充てています。

このほか、和牛日本一を海外に向けてPRを強化する費用に、6600万円を計上しています。

過去の記事