番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

薩摩大隅地方を中心に朝から雨 鹿児島市に一時洪水警報 交通機関に影響も

2024年5月6日(月) 19:30

5月6日はゴールデンウィーク最終日です。
ただ、鹿児島県内はあいにくの空模様で、大雨となったところもありました。
九州南部の雨のピークは過ぎましたが、鹿児島市には、一時、洪水警報も出されました。
またJRのダイヤも乱れ、連休最終日を直撃しました。

永尾記者
「6日の九州南部は前線の影響で朝から雨となっています」

6日の九州南部は前線の影響で朝から雨となり、一部で雨脚が強まりました。

午前中、鹿児島市の新川では水位が上がる様子も確認され、鹿児島市には、一時、洪水警報も出されました。

1時間雨量は鹿児島県肝属町内之浦で46ミリ、鹿児島市で41ミリを観測しました。

この雨の影響で、県内の在来線のダイヤが乱れることに…

坂口輝記者
「GWの最終日、大雨の影響で、在来線に遅れや運休が発生しました。乗り場の前には多くの人の姿が見受けられます。」

JR九州によりますと、指宿枕崎線、日豊本線、鹿児島本線では一時、一部区間で運転を見合わせましたが、その後、運転は再開しました。

連休最終日、鹿児島中央駅では改札口で荷物を抱えて列車を待つ人の姿で混雑していました。

JRの利用者
母親
「指宿のたまて箱の帰りの分をもう予約している。もし乗られたとしても途中で止まったりして帰って来られなくなると困る」

子ども
「どうにかして乗りたい」

女性
「30~40分くらい(待っている)。バイトに行く予定だったのでどうなるのかなと」

過去の記事