番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

梅雨を前に大雨などの災害に備えよう 鹿児島市で水防訓練 

2024年5月9日(木) 11:48

梅雨を前に大雨などによる災害に備えようと、鹿児島市で9日、水防訓練が行われました。

鹿児島市河川港湾課・小松広和課長
「日頃からの備えが、なによりも重要と考える。被害を軽減する水防活動に十分役立ててもらうことを要請する」

この訓練は災害時に迅速に対応できるよう、梅雨時期を前に毎年行われているものです。

鹿児島市の磯海岸で行われた訓練には、鹿児島市消防局の署員や消防団員など、約40人が参加しました。

訓練では土を入れて作った土のうを積み上げた後、その土のうが流されないよう木のくいを打つまでの手順を確認しました。

また、川の土手に見立てた斜面では、決壊を防ぐためにシートを張る訓練も行われました。

いずれも毎年行っている基礎的な訓練ということですが、参加した職員たちは災害に備えて、真剣に取り組んでいました。

過去の記事