番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

「ナマ・イキVOICEアートマーケットEX.」鹿児島市で始まる コロナ禍で特別展に

2020年10月16日19:05

16日から鹿児島市のアミュプラザ鹿児島で県内外のアーティストの作品を集めた「ナマ・イキVOICEアートマーケット」の特別企画展が始まりました。

鹿児島市のアミュプラザ鹿児島で16日から始まった「ナマ・イキVOICEアートマーケットEX.」。

例年、県内外の多くのアーティストが作品を展示していたアートマーケットですが、2020年は新型コロナ対策をとりながら特別企画展として開催することになりました。

参加アーティストはこれまでのアートマーケットに参加し、グランプリなどを受賞したアーティストなど16人です。

コロナ禍で感じた思いを表現した作品も展示されていて、アミュのフロアにいつもとはひと味違う空間がひろがっています。

訪れた人は「アートを見る場があってすごく勇気をもらえる。自分自身も頑張ろうと、今後のエネルギーになるのでいいなと思う」などと話し、作品について語り合いながらアートを楽しんでいる様子でした。

また、アートマーケットに絵画を出品した玉利 泰一朗 さんは、「1回パッと見て『いい絵だな』と感じてもらえればありがたい。気楽に来てほしい」と呼びかけていました。

芸術の秋にアートを楽しめる「ナマ・イキVOICEアートマーケットEX.」は18日まで鹿児島市のアミュプラザ鹿児島で開かれています。

過去の記事