番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

南三陸町長が鹿児島・伊佐市の小学校訪問 復興支援に感謝

2020年10月29日19:00

宮城県南三陸町の町長らが、東日本大震災の復興支援を受けた鹿児島県伊佐市を訪れ、地元の小学校で歓迎のセレモニーが開かれました。

伊佐市の羽月西小学校を訪れたのは、宮城県南三陸町の佐藤仁町長ら関係者3人です。

羽月西小学校では、震災発生の翌年から児童や地域住民が手作りした干し柿を、毎年、南三陸町に送っています。

セレモニーでは、これまでの干し柿作りの取り組みを児童が発表した後、南三陸町から記念品が贈られました。

児童は「わざわざこんなに遠い羽月西小まで来てくださったので、とてもありがたいです」と歓迎し、佐藤町長は「町の復興もほぼ完遂というところまできた。伊佐市など、皆さん方のお力添えがあってここまでこられた」と、感謝の言葉を述べました。

伊佐市によりますと、これまでに50人を超える職員が復興支援などで南三陸町に派遣されているということです。

過去の記事