番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

南国らしくない光景 鹿児島県の山沿いで積雪

2021年1月7日19:30

今シーズン一番の寒気の影響で、7日の鹿児島県本土は雪が降っているところもあります。霧島の山々は雪に覆われ、南国とは思えない光景が広がりました。

しっかりと雪が積もった一面の銀世界。

道路も車のわだちが残るだけです。

栗野岳の中腹、標高約700メートル、湧水町の霧島アートの森周辺です。

アートの森入り口にある草間彌生さんの作品も雪をかぶっていました。

出水市とさつま町にまたがる紫尾山も雪化粧となり、林道ではそり遊びに訪れた親子の姿もありました。

7日の九州南部は上空の強い寒気の影響で雪が降り、山沿いでは積雪も見られました。

積雪や強風の影響で県内の交通には8日以降も影響がでる見込みです。

海の便ではフェリーはいびすかすの一部の便、クイーンコーラルプラス、フェリーきかい、フェリーあまみが8日の欠航を決めています。

積雪や路面凍結のために県内の道路では7日午後5時までに、霧島市、伊佐市、屋久島町の山間部などの10カ所でチェーン規制または全面通行止めとなっています。

また、日本航空と全日空は8日から9日にかけて、運航便の欠航や遅延が発生する恐れがあると呼び掛けています。

最新の情報にご注意ください。

過去の記事