番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

【県高校総体】バスケットボール 女子は鹿屋女子が初の全国へ 男子は川内が代表に

2021年6月1日19:30

全国高校総体の切符をかけ熱戦が続く県高校総体。6月1日はバスケットボールで男女の県代表チームが決まりました。

県代表はトーナメントの上位4チームによる決勝リーグで決まります。

決戦の舞台は薩摩川内市のサンアリーナせんだい。女子ではともに全勝の鹿児島純心と、鹿屋女子が対戦しました。

鹿児島純心は3年生の春田にボールを集め、得点を重ねます。

対する鹿屋女子は、連続スリーポイントで1点差に詰め寄ると、180cmの3年生・橋口がゴール下で強さを見せ、38対36とリードして、前半を終えます。

第3クオーターに入り、オールコートディフェンスで勝負に出た鹿児島純心に対し、鹿屋女子は橋口のインサイドプレー、そしてアウトサイドからの3ポイントシュートでリードを広げます。

鹿屋女子は85-76で鹿児島純心に勝って決勝リーグ全勝。悲願の全国高校総体初出場を決めました。

男子は川内が池田との全勝対決を71-70の1点差で制し、4大会連続の全国高校総体出場を決めました。

全国高校総体・バスケットボール競技は新潟で行われます。男子が7月25日から、女子は8月10日からです。

過去の記事