番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

【東京五輪】鹿児島・大崎町 台湾とトリニダード・トバゴの陸上事前合宿を中止

2021年6月8日15:10

鹿児島県大崎町は、新型コロナの影響を受け、東京五輪の台湾とトリニダード・トバゴの陸上選手の事前合宿受け入れ中止を発表しました。

大崎町は、7月上旬から25日までの日程で、台湾とトリニダード・トバゴの陸上選手の事前合宿の受け入れ準備を進めてきました。

しかし、台湾の陸上競技協会は、台湾の新型コロナの感染状況悪化や、鹿児島の警戒基準がステージ3であることを理由に、事前合宿の中止を決め、5月下旬、大崎町に伝えてきたということです。

またトリニダード・トバゴは、県内の感染状況と大崎町の医療体制を考慮し、大崎町側から中止を申し入れたということです。

事前合宿では、2つの国と地域を合わせ約60人が訪れ、町内のホテルに滞在する予定でした。

過去の記事