番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

【新型コロナ】霧島市が高齢者ワクチン接種をサポート・鹿児島

2021年6月11日18:40

鹿児島県霧島市は、65歳以上の新型コロナワクチン接種を加速させるため、接種会場への移動手段がないなどの理由で接種ができていない高齢者のサポートに乗り出すことになりました。

霧島市では6月下旬までに約76%の高齢者に対し、新型コロナワクチンが供給されるとみています。

しかし霧島市内には、接種を希望しながらも自分で予約を取ることができなかったり、医療機関や接種会場への移動手段を持っていない高齢者がいて、接種が進まない可能性もあるとみています。

そこで霧島市は、これらの高齢者をサポートする「ワクチン接種加速化事業」を6月14日から開始し、11日、霧島市役所で民生委員や社会福祉協議会、ケースワーカーなどの団体の関係者を集め協力を求めました。

「ワクチン接種加速化事業」では、民生委員らからの情報をもとに、接種を希望している高齢者の名簿を作り、市のプロジェクトチームが直接、予約から接種までの調整を行います。

また霧島市は、64歳以下の接種について、市独自に教師、保育士、警察官など、約1万8千人の優先接種者を設定し、7月5日から接種の受け付けを開始すると発表しました。

過去の記事