番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

鹿児島市のPRの顔 第17代かごしま親善大使 意気込み語る デビューはおはら祭

2021年10月8日12:14

鹿児島市のPRの顔となる「かごしま親善大使」の2人の女性が発表されました。2人は11月3日に鹿児島市で開催されるおはら祭で活動を開始します。

50人の応募の中から第17代かごしま親善大使に内定したのは、鹿児島市出身の大学生、穂滿結衣さん(19)と霧島市出身で鹿児島市に住む社会人の池田万鈴さん(24)です。

第17代かごしま親善大使 穂滿さん
「好きな食べ物は 豚骨料理やしろくまです」

第17代かごしま親善大使 池田さん
「留学経験があるので 県内外だけでなく海外の人にも鹿児島のPRを頑張りたい」

任期は2年で、期間中は、県内外のイベントや物産展などで鹿児島市の顔として鹿児島の魅力のPRを行うことになっていますが、コロナ禍前は、年間約60回あったイベントが、今年は2回ということです。

それでも2人はコロナ収束後を見据えて意気込みを語りました。

穂滿さん
「鹿児島の魅力を多くの人に知ってもらい、鹿児島を盛り上げられるよう頑張りたい」

池田さん
「コロナが収束してから多くの人に鹿児島を訪れていただけるよう、笑顔でPR活動を頑張りたい」

2人は11月3日、鹿児島市で開催予定のおはら祭で正式に任命されます。

過去の記事