番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

福を呼び込む伝統行事「福祭文」 鹿児島・西之表市

2022年1月8日12:07

種子島の伝統的な正月行事「福祭文」が西之表市で行われました。

「年頭のご祝儀申し上げ申す」

福祭文は、一家の繁栄と幸福を願い集落の家々で祝い歌を歌う伝統行事で、毎年1月7日に行われます。

西之表市現和の下之町集落では、小中学生19人と大人たちがおよそ20軒の家を回りました。

祝い歌は、「門の松がさかえた」「鶴と亀が舞い来た」など縁起の良い言葉が並び、家の人は福を呼び込む地元伝統の歌にじっと聞きいっていました。

住民からは「昔から伝わってる伝統が受け継がれてること、すごくうれしく思う」との声が聞かれ、参加した子どもも「『ありがとうございます』と言われるのでとてもうれしい気持ちになる」と話していました。

過去の記事