番組表
ON AIR
KTS鹿児島テレビ

番組審議会(令和3年4月度)

開催日時場所

令和3年4月22日(木)正午~ KTS本社3階会議室

議題

合評番組

「ドキュメント九州 未来へのタスキ」

 令和3年3月21日(日)午後4時30分放送

出席委員(敬称略)

委員長

  佐野  雅昭

副委員長

  志賀  玲子

委員

  稲荷田 治美

  岩田  英明

  東條  広光

  雪松  博明

欠席委員

  上國料 智紀

議事概要

委員側の意見要旨

〇キャプテンの中須瑠菜さんを軸に神村学園女子駅伝部の成長物語が描かれていて、見ていてすがすがしい気分になれる番組だった。今後の実業団での活躍も期待したい。
〇高校スポーツはプロ化した側面を持つが、選手たちの高校生らしい姿もしっかりと取材していた点が良かった。
〇大きな目標を定めて努力を重ねる姿はどの年代の視聴者も共感できる内容だったと思う。
〇新型コロナウイルスの影響だと思うが、中須さんが3年生になってからの映像が少ないように感じた。
〇番組のオープニングとエンディングが同じような練習風景と桜の映像で締めくくられ、未来へタスキをつなげていくという統一感があった。
〇見応えのある良い番組だったが視聴率が低く、残念に思った。放送時刻次第で視聴率は変わったのではないか。
〇高校スポーツをテレビで扱う際は学校の宣伝にならないよう気をつけなければならないが、今回はビジネスとしての側面があまり見えないような形で切り取られて、すっきりとしていた。

KTS側の意見要旨

〇初めてつくったドキュメンタリー番組で、取材も編集も大変だったが良い経験になった。
〇構成はどうすれば視聴者がスムーズに感情移入できるかを一番に考えて組み立てた。
〇新型コロナウイルスの影響で番組づくりは大変だが、取材させてもらえるというのは本当にありがたいことだと感じた取材だった。
〇編集に行き詰まった時、画面上に映る一生懸命走る高校生の姿に励まされて無事番組をつくり上げることができ、彼女たちのように自分も成長していきたいと思った。

委員(敬称略)

委員数7名


・委員長

  佐野 雅昭  (鹿児島大学 水産学部教授)

・副委員長

  志賀 玲子  (志學館大学 教授)

・委員

  稲荷田 治美 (南日本リビング新聞社 取締役総務部長兼デリバリー部長)

  岩田 英明  (合名会社 明石屋菓子店 代表社員)

  東條 広光  (鹿児島県教育長)

  上國料 智紀 (JA鹿児島県中央会常務理事)

  雪松 博明  (南日本新聞社 編集局文化生活部長)


・審議回数 年10回 (毎月1回、8月と12月は休会)

・番組審議会の概要は本社・各支社で閲覧できます。

青少年に見てもらいたい番組

かごニュー [月~金] 14:50~15:20
VS嵐 [木] 19:00~19:57
チャンネル8 [土] 11:30~11:45
GO!GO!チャギントン [日] 06:15~06:30
ボクらの時代 [日] 07:00~07:30
ちびまる子ちゃん [日] 18:00~18:30
サザエさん [日] 18:30~19:00