番組表
ON AIR

新型コロナウイルス 視聴者Q&A

KTSでは視聴者の方のご意見・ご質問を募集中!

視聴者Q&A 質問はこちらから

Q:感染経路が分からないケースは、接触者の抗体検査で感染経路特定の手がかりになるのか?

Q. 県内の新型コロナウイルス感染症患者の中にも、感染経路が分からないケースが出ています。接触者の抗体検査を行えば、感染経路特定の手がかりになったのではないでしょうか。徹底的に調査する必要ははないのでしょうか。
A. 抗体検査のキットが発売され利用できますが、その精度はまだ十分なものではありません。感染していなくても陽性になる偽陽性の割合は一定の頻度で必ずみられます(おそらく数%)。感染経路の調査に抗体検査を用いると、まったく感染していない人を感染源であるとまちがって判定する可能性があります。また、抗体検査は、はるか以前の感染でも陽性になりますので、抗体陽性でも感染源であるとは断定できません。抗体検査は、たくさんの人々を対象に匿名で検査をするような調査や研究には有効ですが、個別の感染経路の調査に用いるべきではないと思います。感染経路を明らかにしたいということは理解できますが、検査を受ける人のプライバシーや人権にも配慮する必要があると思います。(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 微生物学分野 西 順一郎教授)
 

Q.:新型コロナの感染者が行った献血により、感染するおそれはないか?

Q. 新型コロナの感染者が行った献血により、感染するおそれはないでしょうか。
A. 重症化した新型コロナウイルス感染症患者の血液から新型コロナウイルスが検出されることはまれにありますが、献血ができるほど元気な人の血液中に新型コロナウイルスがいる可能性はないと思います。発症前の無症状病原体保有者が献血をする可能性はありますが、無症状の状態であれば血液中に新型コロナウイルスがいる可能性はありません。献血から感染する可能性はないと言ってよいと思います。(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 微生物学分野 西 順一郎教授)

Q:蚊が媒介する形で新型コロナに感染する可能性は?

Q.これから暑くなり、蚊が増えてきますが、蚊が媒介する形で新型コロナに感染する可能性はないでしょうか。
A. 蚊は人や動物の血液を吸って、その後に別の人を刺すことで血液の中にいるウイルスをうつします。新型コロナウイルスに感染した人や動物の血液に新型コロナウイルスがいる可能性は低く、これまでも蚊が媒介するという事実はありません。したがって、新型コロナウイルスを蚊が広げる可能性はないと思います。しかし、蚊はブタの血液にいる日本脳炎ウイルスを人に広げますので、刺されないようにすることが必要です。(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 微生物学分野 西 順一郎教授)
 

Q:1000平方メートル以下の商業施設に協力依頼があった場合、休業しても協力金はもらえない?

Q:鹿児島県による休業協力金ですが、1000平方メートル以下の商業施設に協力依頼があった場合、休業しても協力金はもらえないのですか? 
A:鹿児島県が休業要請している施設のうち、「商業施設」に該当するのは、<ペットショップ(ペットフード売り場を除く)、ペット美容室、宝石類や金銀の販売店、住宅展示場(集客活動を行い,来場を促すもの)、
古物商(質屋を除く)、金券ショップ、アウトドア用品、スポーツグッズ店、ゴルフショップ、土産物屋、旅行代理店(店舗)、アイドルグッズ専門店、ネイルサロン、まつ毛エクステンション、岩盤浴、サウナ、エステサロン、日焼けサロン、脱毛サロン、写真屋、フォトスタジオ、美術品販売、展望室>となっています。
このうち、床面積の合計が1000平方メートル超の施設は、“新型コロナ特措法”に基づく休業要請、1000平方メートル以下は特措法に基づかない協力依頼となりますが、いずれも協力金の支給対象となります。
ただし、100平方メートル以下の施設は、適切な感染防止対策を施した上での営業を認めることとなっていて協力依頼がなされていないので、自主的に休業したとしても協力金の支給対象から外れます。
休業要請や協力金について、鹿児島県は専用ダイヤルを開設し、問い合わせに応じています。電話番号は099-286-2580で、午前9時から午後6時まで受け付けています。

Q:PCR検査の費用が自腹だと聞きました。本当でしょうか?

Q:PCR検査の費用が自腹だと聞きました。本当でしょうか?
A:新型コロナウイルスの感染の有無を調べるPCR検査。
保健所の判断によって行われる「行政検査」は、検査を受けた人の費用負担はありません。
2020年3月6日からは、PCR検査に対する保険適用が始まり、帰国者・接触者外来の医師らが必要と判断すれば、検査会社などに直接検査を依頼できるようになりました。
検査費用は1万5000円~2万円程度となっていますが、費用の自己負担分は全額免除されます。つまり、行政検査でも、保険適用の検査でも、検査を受ける人の自己負担はありません。なお、厚生労働省はホームページで「陰性の結果の場合、8万円の費用がかかるといった誤った情報が、SNS上などで流れている」として、注意を呼びかけています。

 

Q:妊娠中の人が特に気を付けることは?

Q:妊娠中の人が特に気を付けたほうがいいことはありますか。
A:胎盤を通じて赤ちゃんがウイルスに感染することはこれまで確認されておらず、赤ちゃんへの影響を心配する必要はありません。ただ、妊婦さんが肺炎をおこすと重症化することがありますので、感染には気を付けてください。妊婦さん向けの特別な予防法はありませんが、混雑した場所に行かないなど、普通の人以上に気を付けてください。

Q:子供の予防接種や歯の定期検診は「不要不急の外出」?

Q:「不要不急の外出」かどうかの判断が難しいです。子供の予防接種や歯の定期検診はどうしたらいいでしょうか。
A:新型コロナウイルス感染症以外にも危険な病気はたくさんありますので、予防接種は必ず予定どおり受けてください。小児科では、感染症患者と予防接種を受ける子どもが接触しないように配慮していますのでご安心ください。歯の定期健診も通常通り受けていただいてかまいませんが、急がない歯の治療は延期してもらうよう勧めている施設もありますので、前もって歯科医療機関に電話でご相談ください。

Q:乳幼児への予防接種に出かけても大丈夫?

Q:赤ちゃんへの感染がとても心配です。医療機関に乳幼児への予防接種に出かけても大丈夫でしょうか。
A:予防接種や定期健診はとても大事なことです。小児科では、感染症患者と予防接種を受ける子どもは接触しないように配慮していますので、延期しないで予定通り受けてください。

Q:固形石けんをみんなで使うことにリスクはあるの?液体せっけんの効果は?

Q.学校では固形石けんが使われていますが、みんなで使うことにリスクはあるのでしょうか?また、液体石けんとの効果の差はありますか?
 A:固形石けんは、清潔な状態にしておけば問題ないでしょう。石けんは水に濡れたままにしておくと細菌が増えることがあるので、石けんの水を切る工夫をした上で使うことが重要です。学校でよく見られるような、石けんをネットでつるす方法などが効果的です。
液体石けんと固形石けんの効果は同じです。しかし、石けんを清潔に保つという意味では容器に保管されている液体石けんのほうが優れているといえます。
(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 微生物分野 西順一郎教授)

Q:政府が配布した布マスクの特徴について教えてください。

Q:政府が配布した布マスクの特徴について教えてください。
A:布マスクは再使用できるという点では優れていますし、予防や、感染を広げないために一定程度の効果は期待できます。しかし、生地の目が粗いため、細かい飛沫を防ぐことができません。布マスクがあるからと安心せずに、会話などではお互いに距離をとることを優先してください。(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 微生物分野 西順一郎教授)

Q:不織布マスク(使い捨てマスク)の再使用はできるの?

Q:不織布マスク(使い捨てマスク)の再使用について質問です。マスクの入手が難しいため、洗ったり、消毒液をかけたりして2~3回使っています。再使用は問題ないのか、また、再使用する場合の注意点などあれば教えてください。
A:不織布マスクは、プラスティックの繊維を織ったりせず、熱や化学的な作用によって接着させることで布にしたものです。製造会社によると、洗浄や消毒によってどの程度効果が変わるかは、これまで検討したことがないため分からないということです。また、洗浄や消毒によってどの程度マスクがきれいになるか分かりませんので、再使用はできれば控えていただきたいと思います。再使用のために、アルコールなどの消毒薬をマスクに吹き付けただけでは、十分な消毒効果は得られないと思います。どうしても再使用したい場合は、石けんや洗剤で叩き洗いをしてよくすすぎ、自然乾燥させて使ってください。洗浄後、低下した効果を補うために、内側に使い捨てのガーゼをはさんで利用することもすすめられます。なお、再使用する場合は、汚染したマスクの表面にふれた手で、口や鼻や眼を直接さわらないように気を付けてください。本来、マスクは咳や咽頭痛など呼吸器症状がある方が使用するのが正しい使い方です。不足する場合は、予防のための使用はできるだけ控えて、症状のある方が使用できるようご配慮ください。 (鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 微生物分野 西順一郎教授)

Q:マスクの効果はあるの?

Q:コロナウイルスに限りませんが、咳の出る人が他に迷惑を掛けないようにするマスク着用は意味があるが、もらわないように予防の意味での着用は実はあまり効果がない、と聞いた事があるのですが本当でしょうか。
A:ご自身の予防用にマスクを着用することは、混み合った場所、特に屋内や乗り物など換気が不十分な場所では一つの感染予防策と考えられますが、屋外などでは、相当混み合っていない限り、マスクを着用することによる予防効果はあまり認められていません。 厚生労働省HP「新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)」より

Q:携帯の消毒方法を知りたい

Q:携帯も消毒した方が良いというが、市販の手指消毒スプレーで拭いて携帯が壊れたりしないか、どの様に消毒すれば良いか知りたいです。
A:携帯電話会社に問い合わせたところ、除菌シート等を使うのが一般的ではないかということでした。スプレーを使用する場合は、直接スマートフォン等に吹きかけると開口部から内部に消毒液が入り故障の原因になる可能性があるので、柔らかい布などに吹きかけた上で使用してほしいとのことでした。傷がつかないかどうか、注意しながら使ってください。

Q:熱は全くなく、だるさもない。ただ喉に違和感があって不安だ

Q:熱は全くなく、だるさもない。ただ喉に違和感が1週間前にあり、空気が乾燥しているためか、咳も出てきた。元々鼻炎や花粉症持ちで、その鼻水などがたんになって出てきているのかもしれないが、もしかしたら…?と不安でしょうがない。
A:新型コロナウイルスが原因とは限りません。ご心配なら通常通り医療機関を受診してください。 (鹿児島大学大学院医歯学総合研究科微生物分野 西順一郎教授)