番組表
ON AIR

おめでとうございます。

※本ブログには
 一部で「は?」と感じる部分がありますので
 十分な心のゆとりをもってお読みください。


















今年6月に


鹿児島市のアミュプラザで

開催した

ナマ・イキVOICE アートマの新企画


「イラフェス」



そこでお世話になった

作家の

オリタシュンスケさんが

東京・渋谷で

個展を開きました。



素晴らしい!!!!!


おめでとうございます。

 

  



鹿児島の作家さんが

活躍の場を広げていく―、


とてもうれしくて

誇らしいことですね。




オリタさんの作品は

洗練されたイメージと

レトロな雰囲気で

心をくすぐります。



何気ない日常の

表情やしぐさから、

その前後も想像したくなる

たまらなさを持っていらっしゃると

こかじは

感じています。


あなたは

オリタさんの絵を見て


どのように感じますか。

どのような想像をしますか。


十人十色、

様々な物語が

浮かんできそうですね。



それも、

絵の楽しみ方の一つ

かもしれません。


お笑い好き、

音楽好きが

作品から垣間見えるのも

魅力の一つです。






ただ、






ただ、








だーたー、













僕は








まったく







絵に






詳しくありません。











なので、

これ以上ブログを書くと




何かを言っているようで

言っていない。



言っていないようで、

言っている??



という

危うさの塊のような

文章になってしまいますので


あとは




皆さんに感じてほしい




です。










ブルー・スリーです。












は?










 


オリタさんは

さらに活躍の舞台を広げています。



ファッション誌「GINZA」

似顔絵が採用されています。


オリタさんの作品が

どこに載っているか、

「GINZA」12月号を

チェックしてください。


オリタさんのインスタグラム

「@youngmans_design_office 」


要チェックです!










チェキラ!!

















は?


 





いろいろ言ってきましたが、



心が

動いたり、

ときめいたり、


人間の素晴らしい能力ですよね。




その瞬間をもたらしてくれるのは

絵や映画、音楽、

舞台に本、ラジオなどなど

もちろん

テレビだって。




人間である特権を

たくさん生かして

大変な毎日に

少しでも潤いをもたせて

過ごしていきたいですね。














まあ、


つまりは





一度きりの人生、


思いっっっきり


楽しんじまおうぜ。















「いや、ほんとに


 それは






 は???







 




きょうもありがとうございました。




小鍜治宏将