番組表
ON AIR

目的のない買い物


1990年5月5日 に 始まった ナマ・イキVOICE
 
先日の放送で35年目に入り
今年も Veda Sultenfuss さんのケーキとともに
"番組誕生日" をお祝いしました 

 


声なき声がねむってる
ジャングルの中にねむる声なき声を探しにいけたらー。
 
この一年のテーマも改めて
みんなで確認した回になりました 


そんな記念の日に放送したのは
 
本の街 東京・神保町 を旅して知った
本を通じて交流がうまれる空間のこと。
 
 
本が好きな人もあまり読まない人も
 
みんながそれぞれのきっかけと理由で
本の世界を楽しんでいて
 
そんな場所があることの大切さを感じました 

 


わたしも小さいころから読書が好きで
今までたくさんの本に助けてもらっていて 
 


小学校の図書室には毎日のように通って
 

大人になったいまも 気持ちが疲れたときは
無意識のうちに本屋さんに向かいます。
 


 
この本を買おう!って気合いを入れて
買いに行くわけじゃないけど
 

ふらーっと立ち寄った棚に
なにか惹かれる一冊があって

 
その本が心の栄養になってくれることが多くて



ページをめくるだけで
全く知らない世界にとびこめる幸せ


目的のない買い物だから出会える発見


そういうのがある気がします 

 


先日中継でお世話になった
鹿児島市名山町 の 古書リゼット でも。
 


その名も「おみくじ本
 
どんな本が入っているか中身はわからない
まさにおみくじみたいな本 

 


わたしが引いたのは
清水義範さんの『 河馬の夢
 
人間のいやな部分をぬるっと刺してくるような
不思議な気持ちよさがあって 1日で読み切りました 

 


しかもその中にはこんなページも。
 



本の中のひと言にマーカーが引いてあって
それがお告げなんだそうです 
 
 
「真面目なばっかりじゃダメよ。」
 
 
 
 
 
胸に留めます cheeky