番組表
ON AIR
かごニュー
月~金曜日 ひる2時45分放送

11月8日(月)県内初!小学校体育館が野球の室内練習場に…なぜ?

薩摩川内市にある室内野球練習場から、乾き亭げそ太郎がお伝えしました。
 

きょうご紹介した施設は、もともと平成30年3月に閉校となった陽成小学校の体育館だったんです。
 

体育館を野球の室内練習場に作り変えた、福永幸央さんにお話を伺いました。

 

福永さん自身、学生時代に野球をしていて、薩摩川内から甲子園にいく球児が育ってほしい。そして、野球をする子供から雨天時に練習する場所がない、との声が多くあったことから、室内練習場を作ったそうです。

 

(福永さん)
テーマは、「スポーツを活用した地域の活性化」です。

 

地元の方たちの協力

練習場になるまでの過程を教えていただきました。

(福永さん)
まずは、フローリング床の解体です。1枚1枚床板を外していく作業になります。
外した木材は、専門学生に提供しました。学生はそれを実習木材に利用して、技術を学んでくれています。

 

(福永さん)
次に土を入れて、その上に生コンクリートを流しこみ、建物の基盤を作りました。
その際も、このようなことを学んでいる学生達に、実習という形で行ってもらいました。

(げそ太郎)
室内練習場を作る上で、若い世代の育成にも繋がっているんですね!!
 

​(福永さん)
また野球ボールは、破れたり、汚れたボールをもらっています。
それを地元の障がい者施設の方が、手作業で修繕してくれています。
 

(福永さん)
バットは、薩摩川内市の竹で作ったものを使っています。
薩摩川内市は、非常に竹林が多くて、管理が行き届かない場所もあります。
そういった竹を何かに利用できないかと思い、作りました。
 

​(げそ太郎)
練習場の横には芝生がありますが?見覚えのある枠・・・。

(福永さん)
プールを土で埋め立て、芝を貼りました。
練習終わりに、子供達がバーベキューなどができるスペースがあればいいなと思い、作った場所です。
 

​(げそ太郎)
福永さんにとって『野球の魅力』とは?

(福永さん)
野球やソフトボールの魅力は、バッターボックスに立てば活躍するチャンスが必ず回ってくるところです。
野球を通して、子供達同士の繋がりが出来たら良いなと思います。
 

​(げそ太郎)
野球を頑張っている子供達に向けて、一言お願いします。

(福永さん)
私も今まで、色々な大人の協力があって、野球を続けることが出来ました。
今度は私達が、野球を頑張る子供達を全力で応援していきたいと思っています。

 

​PLYASPACE YOZEI

住所 薩摩川内市陽成町3502-1
電話 090-1363-7532
営業 午前8時~午後10時
※事前予約
利用料金 1時間2000円(税込)~




 

QRコードの読み取り、または下のURLから「PLAY SPACE YOZEI」とLINE友達になれます。

https://line.me/R/ti/p/%40042njvbq