番組表
ON AIR
  • 3:47オープニング
  • 3:55テレビショッピング
  • 4:25テレビショッピング
  • 4:55テレビショッピング
  • 5:25めざましテレビ
  • 8:00めざまし8
  • 9:50ノンストップ!
  • 11:20ぽよチャンネル
  • 11:25ニッポン全国!ジモトPR隊
  • 11:30FNN Live News days
  • 11:50ぽかぽか
  • 13:50かごnew
  • 14:20テレビショッピング
  • 14:50KTSドラマスペシャル
  • 15:45Live News イット!第1部
  • 18:09KTSライブニュース
  • 19:00奇跡体験!アンビリバボー 仰天&爆笑!予想外の連発!マサカの大逆転SP
  • 21:00ホンマでっか!?TV
  • 21:54KTSニュース
  • 22:00婚活1000本ノック
  • 22:54九電グループpresents かごんま未来ノート
  • 23:00週刊ナイナイミュージック
  • 23:40FNN Live News α
  • 24:25チャンハウス
  • 24:55KinKi Kidsのブンブブーン
  • 25:25ぽよチャンネル
  • 25:30前原竜二の前向きチャンネル
  • 25:35じっくり聞いタロウ 〜スター近況(秘)報告〜
  • 26:05テレビショッピング
  • 26:35テレビショッピング
  • 27:05天気予報
  • 27:06ぽよチャンネル
  • 27:09クロージング
かごnew
月~金曜日 ひる1時50分スタート

12月8日(金)世界自然遺産の登録から30年を迎える、屋久島の魅力

世界自然遺産の登録から、30年。
屋久島の魅力をご紹介しました。

大隅半島の南端から、南におよそ60キロ。
東シナ海と太平洋の間に浮かぶ、神秘の島「屋久島」。

九州最高峰の宮之浦岳をはじめ、1000メートルを超える山々がそびえています。

温暖で雨が多く、年間降水量は、山頂部で1万ミリを超えると言われています。

豊かな水は森を育み、世界に誇れる大自然を作り上げてきました。

世界自然遺産地域は、島の20%。
中心部から西の海岸部におよぶ、およそ1万700ヘクタールです。

森の奥深くでは、樹齢1000年を超える巨大な屋久杉がしっかりと根を張り、山の麓に世界最大級の照葉樹林が広がっています。

また、海岸から山頂にかけては、低緯度の植物から高緯度の植物が垂直に分布する、極めて珍しい植生を見ることができます。

この日は、縄文杉を目指して、夜明け前に登山口をスタートしました。
 

途中、驚くほど大きな屋久杉に、次々と出合います。

これは三代杉。

一代目の倒木の上に二代目三代目と新しい杉が育ち、樹齢を合計すると、3千年を超えるといわれています。

続いて、仁王杉。

元々は仁王像のように 阿形 あぎょう 吽形 うんぎょう と名付けられた2本の屋久杉が立っていましたが、平成12年に吽形が台風の影響で倒れ、現在は阿形のみが立っています。
 

屋久島のシンボルともいえる縄文杉。
幹周り、およそ16メートル、
高さ25メートル。
樹齢は2000年以上。
その圧倒的な存在感で、見る人の目に迫ります。
 

屋久島の森を作っているのは、屋久杉だけではありません。
ツガ、モミなどの針葉樹しんようじゅ のほか、シイの木などの広葉樹こうようじゅ も一緒に見ることができます。
こうした様々な種類の樹木が入り交じっているのが、自然林の本来の姿。

緑豊かなコケに囲まれた、白谷雲水峡です。
有名なアニメのモチーフで、広く知られるようになりました。

こうして屋久島の森を歩いて感じたのは、一歩、足を踏み入れると、自然とひとつになれる、ということです。

ところで、なぜ屋久杉は、1000年以上も成長することができるのでしょうか?

・屋久島はそのほとんどが花崗岩、岩でできた島
・栄養がほとんどない岩の上では杉は早く成長できない
・ゆっくり年月をかけて育った屋久杉は、
材質が大変緻密になり、樹脂も多くたまる。
結果、腐りにくくなり長寿に。

こうした屋久杉をはじめとした大自然を楽しむのに、多くの定番ルートがあります。
日帰り可能なものをピックアップしました。
 

まずは、
白谷雲水峡~太鼓岩のルート

原生的なコケむす森を、たっぷり堪能できる人気のルート。
 

精霊が宿っていそうな、神秘的な光景が広がります。

緑生い茂る森を抜けたあとの太鼓岩からは絶景が広がり、晴れている時は、屋久島中央部の山々を望めます。

続いては、
縄文杉の日帰りルート

トロッコ道を歩く途中、安房川の絶景が目に飛び込んできます。
そのほか、300年ほど前に伐採された切り株のウィルソン株など、見所が多いルートです。

なんといっても、縄文杉の存在感は圧巻です。
 

往復するのに9時間以上かかるので、向かうには十分な体力が必要です。

最後は、
黒味岳の日帰りルート

淀川登山口から、標高およそ1800メートルの黒味岳に向かいます。
 

モミやツガの巨木、屋久杉など、ディープな屋久島の森を楽しめます。

山頂では目を見張るほどの絶景。
体力がある人は、途中で九州最高峰の宮之浦岳に進むこともできます。
 

屋久島を楽しむ際のエチケット

登山の最中、どうしてもトイレに行きたくなってしまうことがありますよね。
ただ、多くの人が自然の中で用を足すと、山や森にとって優しくありません。
 

登山道には要所要所に携帯トイレブースが設置されています。
屋久島に行ったら、観光協会などでこうした携帯トイレを購入して、ぜひ活用するようにして下さい。